2010年09月14日

キャロウェイのアイアンをどこよりも安く購入する裏技!


キャロウェイ好き・ゴルフ大好きな方!

こんにちは、数年前から「キャロウェイ」にはまってしまったマサトです。

「キャロウェイ」って聞くとアメリカ製なので日本製のブリジストンやダンロップなどと
比較されがちですが、私が実際に使ってみる限り、「キャロウェイ」は日本のゴルフブランドにも見劣りしません。

Callaway X-22 Irons.jpg

キャロウェイからは、日本モデルやUSモデルなど様々なアイアンが発売されていますが、その中でも私が気に入っているのが、キャロウェイアイアンのXシリーズです。

私の場合、キャロウェイ X−18から利用していますが、日本仕様とUS仕様を打ち比べてみてあまり差を感じなかったので、価格が安いUS仕様を購入してきました。

現在は、キャロウェイ X-22アイアンセットを利用しています!

かなりお気に入りです!

先日はグアムで初ゴルフしてきました!


X−22は文字通りX−20の後継機種で、フルモデルチェンジというよりはマイナーチェンジに近い感じだと思います。いわゆる‘煮詰めた’ということで、革新的な変化を求めるものではない代わりに、前モデルのいい部分を継承しつつ熟成させたモデルとなっているようです。キャロウェイ使いでない自分には、パッと見ではあんまり区別がつかないほどです。

Callaway X-22 Irons1.jpg

つまり、少なくともX−20のいい部分はX−22もすべて兼ね備えているはず+αということです。多少の金額差であったとしても、X−22を買う方がいいと思います。

キャロウェイのクラブは他と比較するとその特徴的な形が一目瞭然なクラブです。これはキャロウェイが悪いということではなく、むしろ良いクラブなのが問題で、このメーカーに一度はまると抜け出せなくなる可能性があるということです。ヘッド形状に限らずシャフトも特異でフレックスの観念がなかったりします。私も3w、5wを愛用してましたが、このシャフトの感覚の違和感がぬぐえず5年ぶりに買い替えを決意しました。ショットの結果はすごくいいので買い替えたくなかったのですが、他のクラブとの感触の違いにどうしてもなじめなかったのです。

Callaway X-22 Irons2.jpg

キャロウェイにするならアイアンだけでなく、(将来的にでもいいので)ウッドからを含めたクラブセッティングを検討することをお勧めします。そういうキャロウェイマニアは結構多いですし、そうなっちゃうんだと思います。

Callaway X-22 Irons3.jpg

ま、とりあえずは試打ですね。いいクラブなのは間違いないので、思い切って飛び込んでみてください。

ちなみに、量販店で聞くとX−22はバカ売れだそうで、Xシリーズの完成形では?との評価だそうです。


ちなみに、私が最安だと思って購入したショップはこちら

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/golfclub1985

posted by キャロウェイ at 09:56| キャロウェイ アイアン 価格比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。